重要な3か月ルール

新婦

早い決断ができる理由

結婚相談所で相手を紹介されたら、それから3か月以内に、結婚するかどうかを決めなくてはならないと言われています。これがいわゆる3か月ルールで、大阪でも入会するときに確認される場合があります。もちろん必ず結婚しなさいという意味ではなく、断るのは自由ですが、ずるずると結婚しないまま交際するのはルール違反になります。3か月というのは一般的な恋愛結婚に比べて短く感じるかもしれません。しかし結婚相談所は最初から結婚を前提としてお見合いを仲介するところで、相手の詳しいプロフィールも分かっていますから、結婚の障害になることは少ないと考えられます。実際に大阪の結婚相談所でも、会員の大部分はお見合いから3か月以内に結婚まで進んでいます。交際期間が長すぎて気持ちが冷めてしまうことは、普通の恋愛でもよくあることです。本当に結婚したいなら、早めに決断する必要があるでしょう。また結婚相談所の会員になると毎月の会費がかかりますから、結婚の意思もないのに交際だけ続けていると、相手の負担も大きくなります。こうした理由から大阪の結婚相談所では、3か月ルールを採用しているところが多くなっています。ただし男女ともに納得しているなら、交際期間が長くなっても構わないのが普通です。大切なのはお互いの気持ちなので、曖昧な態度で相手に迷惑をかけないように気をつけてください。これは3か月ルールのない大阪の結婚相談所でも、基本的なマナーと言えます。

Copyright© 2017 結婚相談所を利用するならマッチングタイプが最適|料金設定が良心的 All Rights Reserved.