気持ちを伝えるには

手紙を持つ人

やり取りに使える工夫

lineのやり取りで気になる相手に脈ありだと感じさせるには、いろいろな方法があります。気になっている相手には、実はlineで気づかぬうちに脈ありな部分が出てしまっていることもあるのです。相手に気持ちを伝えるためには、自然な形で好意を送ることがポイントです。lineの脈ありサインは男女によって使い分けができます。女性の場合は、返信が早ければ好感度がアップします。女性は異性に対してあえて返信をすぐにしない場合が多いのですが、それは照れ隠しのためです。男性はこのような返信が遅い女性に慣れている人も多いので、返信が早い女性には好感を持ちます。自分のlineにすぐに返信してくれたことに喜びを感じるため、決して悪い気にはなりません。早い返信は素直さを感じる男性も多いことから、脈ありサインとして受け止めてもらえる可能性は大きいです。男性におすすめなのは、自らlineをする方法です。異性でlineのやり取りをすると、女性の方から先にメッセージを送ることが多いため、男性側がlineを始めるのは珍しい傾向があります。そこに女性は好感を覚えるので、脈ありサインの効果が期待できます。また、lineに絵文字やスタンプをよく使えば、女性も嬉しくなります。特にかわいい絵文字やスタンプが人気があるので、それを意識して送ると好感度アップです。男性はそのような絵文字などを使うイメージがないため、女性にとっては意外性が感じられるときです。このような絵文字などを多用するlineは気遣いをあらわす心理でもあるので、好感を抱く相手ほど気遣いをしてしまうものです。そこを上手く相手に気づいてもらうように、地道に脈ありサインを送ることが大切です。

Copyright© 2017 結婚相談所を利用するならマッチングタイプが最適|料金設定が良心的 All Rights Reserved.